キャッシング 即日融資

キャッシング・即日融資に対応しているのは?

即日融資対応のローンって?

 

お金を借りたいと思った時に、すぐ借りられる場所をご存じでしょうか。あるサービスを利用すれば「最短30分で融資の準備」ができます。また「申し込みから1時間以内」には、キャッシング専用のカードが受け取れるのです。

 

それは「キャッシング」と呼ばれるサービスです。皆さんも、プロミスやレイク、アコムやモビットといったカードローン会社をご存じのことでしょう。これらは全て、即日融資に対応したカードローンブランドです。

 

ローン会社でキャッシングをするのはちょっと、という方も心配は無用です。なぜなら、これらのカードローン会社は、全て銀行や銀行系列の会社が、融資を行っているからです。

 

例えば、プロミスやモビットと呼ばれるカードローン会社は、三井住友銀行のグループ会社として機能しています。大手銀行と同じ審査が受けられる上、銀行のバックアップが敷かれているので、誰でも安心して利用できます。

 

また、これらの銀行系カードローン会社は、銀行レベルの「低金利融資」を実施しています。最低金利は4 %台となっており、融資額も最大500万円まで対応しています。

 

中でも「即日融資対応キャッシング」は、申し込みをしたその日のうちに「低金利と高額融資」が利用できる、大変便利なサービスです。借り入れをお急ぎの方はぜひ、これらの銀行系や銀行のカードローンを利用してみてください。

 

即日融資に対応しないところもある?

 

即日融資に対応する金融機関は、年々増えてきていますが、すべての金融機関ではありません。審査の長いところでは、申し込みから1週間以上、時間のかかることがあるので注意が必要です。ローンを決める前に、まずは「即日融資に対応しているか?」を調べて、申し込むようにしましょう。

 

せっかく「貸し付け条件の良い」ローンに申し込みをしても、長期間待つローンでは、急な(お金の)ピンチに対応できません。申し込んだ後に「しまった!」と後悔しないよう、慎重にローン選びを行ってください。

 

(全体的に)銀行ローンの審査は、時間がかかります。これに対して、銀行系の消費者金融は「審査が早い」ことで広く知られています。モビットやプロミス、アコムといった、銀行系カードローン会社では、最短30分で審査結果が分かります。

 

ただし(一部例外として)銀行ローンの中にも、即日融資に対応できるところがあります。新生銀行のレイク、三井住友銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)は、すべて即日融資に対応しています。

 

即日融資、どこで申し込む?

 

(即日融資対応のローンだけでなく)ローン申し込みの際、忘れてはいけないのが「金利の問題」です。どんなに審査がスピーディーなローンでも、金利や貸付条件を無視して、適当に申し込むことはできません。

 

また、どんなに良いローンでも、審査の難易度が高すぎては利用しにくくなります。貸付条件や年収の問題、借り入れ件数なども踏まえて「自分に見合う」カードローンを見つけてください。

 

自分のライフスタイルに合うローンが見つかれば、いつでも負担無く、余裕を持ってキャッシングが利用できます。クレジットカードの利用分をまとめてみたり、金利の高いローンを整理したり「返済負担が減るような」使い方を心がけましょう。

 

ここで一点、注意したいのは「借入件数」の問題です。実は、借入件数が3件以上あれば、銀行ローンの可決は難しくなります。借入件数が(3件を)上回る場合は「銀行系ローン」に切り替えをするか、おまとめローンや借り換えローンで、借り入れ負担を少なくしてください。

 

審査で重要視されるのは、過去のカード利用履歴だけではありません。現在の借り入れ件数や、返済状況についても重視されます。審査が不安な方は、一度「簡易審査」を受けてみてください。簡易審査は匿名で受けられ、いくつかの(簡単な)質問に答えるだけで「審査に可決されるか」どうか、簡単に調べられます。

 

簡易審査は、各カードローン会社の公式サイトに用意されています。審査に自信のない方は、ぜひ一度、利用してみてください。

 

即日融資のローン、ここに申し込もう!

 

このように即日融資のローンは(誰でも)簡単に申し込みができます。まずは「即日融資対応のローン」を探してみてください。銀行系(消費者金融)の場合は、多くが即日融資に対応しています。また、一部の銀行ローンでも、最短30分で審査が完結します。

 

お急ぎの方は、身分証明書や所得証明書のほか、必要書類を用意し「即日融資対応ローン」に申し込みをしてみましょう。パソコンから申し込みをすれば、どこよりもスピーディーに審査が進められます。ぜひ今後の「ローン申し込み」の参考にしてみてください。


このページの先頭へ戻る